動作解析プログラムでできること

3D関節位置座標の検出

人物1人の全身25ポイントの関節位置(joint)を推定し、その動きを追尾します。

関節位置座標の記録と保存

検出した各関節位置(joint)の三次元位置座標を30fpsのフレームレート(1秒間に30回)で記録し、CSVファイルとして保存します。このとき、ミリ秒単位で座標取得時刻も記録されます。

カラー画像の記録と保存

対象人物のカラー画像を30fpsのフレームレート(1秒間に30枚)の静止画として記録し、保存します。

オプション

取得する関節の数や、保存する画像サイズ、保存場所などを、必要に応じてカスタマイズすることができます。